2018年05月19日

『弾き語りの夕べ』@四日市66の夜

強風注意報の最中、ご来場ありがとうございました。
今日初共演となった東京からの佐木伸誘さんは、
二十数年ぶりの再会でした。
高校生の頃、名古屋の東海テレビの某番組に
一年間出演していたことがあるのですが、
(タレントではなく素人高校生として)
その時に、佐木さんはゲストのキャスターとして
いらして一度お会いしていました。
ずいぶん昔の話なので、記憶もあいまいだったのですが、
お会いして話したら、あのおニャン子みたいな!(古・笑)と、
話が通じて!びっくり!
わーー♪やっぱり♪と、とてもうれしい再会でした。
巡り巡って、共演という形で四日市でお会いできるとは。
その当時からとてもかっこよかった佐木さん。
今も変わらずのかっこよさで、ステージも熱く楽しく
人柄も素晴らしくてホントにいい時間でした。
デビュー30周年で初四日市、初三重県とのこと。
またどこかで再会できるような予感です。
ようこそ四日市へ!30周年おめでとうございます。

西川マスターとも今日はいろいろ話しました。
マスターの夢の話の中にわたしが登場する夢があって、
なんだか元気をもらって、ホントに実現したいしがんばりますっ!
と言ったら、
いや、がんばらないほうがいいかもよ(わたしの場合は)!
今の感じがいいんだよって。

そのテレビに出ていた頃は、メインキャスターだった方に、
”やる気のない顔をしてやることはやる魔法のマキちゃん”と
の言葉をいただきました。
その場しのぎでアドリブでかわしたり、かわいい笑顔を振りまいたり
カメラ目線がとっても上手な女の子たちを横目に見ながら、
小学生の頃にアイドル達をたくさん観て憧れていたテレビの世界は、
わたしには絶対に向いてない!とその頃思ったのでした。
でも、同年代の女の子たちとたくさん出会えて部活みたいに
楽しかったなーというとてもいい思い出です。
わたしはボーカルはとってないのですが、うしろで踊ってる15人の
うちの1人としてシングルCDを一枚出しています。
そう、あのおニャン子みたいな!
あの小さいCDシングル、今やどこへ行ったのでしょう。
まだCDがわんさか売れてた時代ですね。なつかしい〜。

そんないろいろも佐木さんとの再会でまた思い出した夜でした。

32873439_568088033575956_8076504082493210624_n.jpg
再会記念。佐木さんと♬

posted by 胡池マキコ at 23:59| 独りごと。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする