2017年07月29日

『ふたつの月ひとつの夜』@阿佐ヶ谷harness

古明地洋哉さんとのツーマンライブ『ふたつの月ひとつの夜』
東京編でした。
今回はピストン遠征にて東京のみ一夜限りのライブ。
次回は、もっとゆっくりと東京へ行きたいな〜。
ハーネスでのライブは、2年半ぶりくらい。
お店の鎌田ひろゆきさんは、四日市出身のミュージシャン。
四日市や名古屋や大阪などで何度かお会いしていたので
2年半ぶりという感じはしなかったのですが、またハーネスに
戻ってこれてうれしい。

IMG_00388.JPG
鎌田さんと古明地くんと終演後に。

古明地くんとは去年のツアー以来の再会。
どうにも噛み合わないトークは相変わらずですが、
セッションで音合わせをするととてもしっくりくる。
合うのか合わないのか未だわからない不思議な関係(笑)。
9月に青森でのレコーディングを控えている古明地くん。
新曲も何曲か聴けてますます楽しみなアルバム。
新譜を持ってまた四日市にもぜひ来ていただきたい。

今日はまた天気予報に反して!どしゃぶりの雨を
連れて来てしまった様子。。
ハーネスの空間は、来てくださった方との距離が
とても近くてみなさんとお話し出来てそれもまた
うれしい時間でした。
遠くは出雲や仙台から来てくださった県外からの方も何人か。
おかげさまでスプリット盤もたくさん旅立っていきました。
雨の中お越しいただいたみなさまありがとうございました。

そして、今日はさらに嬉しいことが!
大ファンであります小説家の栗林佐知さんがライブに
来てくださいました。
メールや手紙などで何度かお話しさせていただいて
いましたが、お会いするのははじめて。
すごく素敵な方!で、もうますます大好きに。
お花もいただいて著書『はるかにてらせ』にサインまでも!
IMG_0031.JPG 
やった☆

また忘れられないひとつの夜が増えました☽


【演奏した曲】
1.メリーゴーランド
2.Hello!Blackbird
3.月の管理人
4.ひつじのうた
5.ウイスキー哀歌(佐賀優子カバー)
6.紫陽花
7.がらくた
8.月とワルツ
9.モルゲンロート

古明地くんとセッション
1.青空、赤い花(古明地洋哉)
2.wonderland(胡池マキコ)
3.遠い音楽(ZABADAK)
4.cold water(Damien Rice)

en.讃美歌(古明地洋哉)

posted by 胡池マキコ at 23:00| past live | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする