2015年07月30日

夏の風物詩

長野県へ行く途中で思わぬ風景に出会えました。

DSCN3863.JPG

先日、道尾秀介さんの「向日葵の咲かない夏」という小説を
読み終えたばかりで、その直後に出会えた見事なほどに
咲きまくる向日葵たち。
はしゃいで向日葵の中にずんずんと入って写真を撮ってたら
黄色の花粉が洋服にべっとりついて取れなくなったけれど、
それもいい思い出。

DSCN3873.JPG DSCN3864.JPG
花笑う。

DSCN3874.JPGず〜〜っと向日葵。


長野県は大鹿村へ。

DSCN3886.JPG
美しい霧に包まれた朝。
夜中に雨がかなり降ったみたいだったけれど、
登山用テントのあまりの快適さに感動。

DSCN3880.JPG

パンケーキみたいな巨大きのこを発見

DSCN3879.JPG
角度を変えてもうひとつ。

久しぶりの森でリフレッシュ!となる予定が、
大量発生のアブから逃げ、ブヨに刺され、
真っ暗な中、ほとんど闇鍋のキャンプとなりました。
まさに天然ダイアログインザダーク。
夜の森の闇の深さは、それはもう美しいほどに。
やってやれないことはない!ってことを、不便さを
またひとつ体験して知る。
しかしながら、7末の虫地獄にはやっぱり堪えた
のでした。。う。。


posted by 胡池マキコ at 23:10| 独りごと。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする