2015年05月26日

『ふたつの月ひとつの夜』ツアー2015〜東海編〜

ツアー1日目。初の会場となる静岡編。
去年の夏のツアーに静岡も組み込みたかったのだけれど、
叶わなかったので、一年越しに実現。
いいお店だよ〜と方々からうかがっていたので、とても
楽しみだったUHU。
DSCN3768.JPG
今日の静岡だけは特別編ということで、
クロキユウタさんと丸山研二郎さんと共演させていただく。
クロキさんは、お顔から想像する歌声と違っていて、
へえ〜とそのギャップに引き込まれた。
ギターも歌もディランのカバーもかっこよかった。
マルケンさんは、やさしいギターの音色と歌声。
きっと誠実な人柄が音にも表れてて心地よい時間。

わたしは、今日は男性陣に挟んでいただいて出番は
三番目。
静岡のみなさんの拍手がとってもあたたかかった。
こんなに歌を唄うことそのものが楽しいと感じた
瞬間はなかったかも知れない。
立って唄うことも、ほんとうに今までとまた違った
景色を見せてくれる。
DSCN3783.JPG
最後は古明地くん。
本番前に行きたかった肉店が閉まってたーと
悔しそうだったけれど、肉パワーなくっても
パワー全開だったライブ。

今日は、共演者さんも多いからセッションは2曲だけ。
と思っていたけれど、アンコールいただいて結局3曲。
お互いに好きだからとブルーハーツを提案したのは
わたしだったけれど、選曲は古明地くんで『青空』。
リハで一度も合わせなかったのでおまけ感甚だしかったけど、
ライブの醍醐味ってことで許して下さい。

ツアーと言いながらわたしは日帰り予定だったので、
帰りはバタバタと撤収。
もっとクロキさんやマルケンさんやUHUのみなさんや
来て下さった静岡のみなさんと話したかった。。。
後ろ髪引かれまくりながらも、友達のだんなさんと一緒に
貸りたチャリンコ部隊を組んでブンブン駅まで走った。
赤信号も突っ走ってなんとか無事に電車に飛び乗った。
静岡また来たい。次は、ぜったいゆっくり

DSCN3785.JPG
静岡の友達がくれた手作りの静岡ツアーおめでとうクッキー。



演奏した曲。
1.月の管理人
2.wonderland
3.純愛(浜田真理子カバー)
4.紫陽花
5.がらくた
6.虹
7.ここでさよなら

古明地くんとセッション。
1.青空、赤い花(古明地洋哉)
2.wonderland(胡池マキコ)
en.青空(ザ・ブルーハーツ)




*****
ツアー二日目。地元四日市編。
四日市編は、おなじみガリバーさんにて。
DSCN3786.JPG
またまた月の管理人ササキさんにお世話になった。
今回は、黄色の三日月からだんだんピンクの満月になって
最後には二つの月が輝く世界を作って欲しい
とお願いしていたのでした。
想像通り、それ以上の完璧な月を用意してくれました。
ササキさんありがとうございました!

三日月の下古明地くん。
DSCN3797.JPG
もうガリバーでは三回目だけれど、本当に何度聴いても
古明地くんのギターも歌もガリバーの空間にぴったりとはまる。
今日はわたしは出番は二番目なのだけれど、リハで古明地くんの
歌を聴いてしまうと、やっぱりちょっとひるんでしまった。

そして、わたし。
2015-05-23 20.27.45.jpg
「RIVER」の手拍子自分を鼓舞してがんばった!
とのお声をいただいて。
ライブを観にきて、鼓舞させてすみません(笑)。
一緒にコメちゃんコールにお付き合いいただいた
みなさまもどうもありがとうございました。
夢がまたひとつ叶いました。

最後は、ふたつの月の下でセッション。
2015-05-23 20.36.27.jpg 
今日のセッションは
古明地くんから提案のピーター・ガブリエル&ケイト・ブッシュの
「Don't give up」
古明地くんの選曲はさすがなんだけど、すごく難しい曲。


演奏した曲。
1.まっくら森の歌(谷山浩子カバー)
2.月の管理人
3.ひつじのうた
4.純愛(浜田真理子カバー)
5.ONENESS
6.空からくるもの
7.がらくた
8.虹
9.RIVER
10.ここでさよなら

セッション
1.青空、赤い花(古明地洋哉)
2.wonderland(胡池マキコ)
3.Don't give up(ピーター・ガブリエル&ケイト・ブッシュ)
en.青空(ザ・ブルーハーツ)


*****
ツアー最終日名古屋編。
一年半ぶりの会場・夜空に星のあるようにさんにて。
「ふたつの月ひとつの夜」にはぴったりという名前と、
ほの暗さがいい感じのとても雰囲気のある会場。

本番前にわたしのマイクスタンドが突然バターンと倒れる、
という現象があってびっくりした。
霊感は全くないので何も感じなかったけれど、まさかの?
なんて。
その前にリハで古明地くんが歌っていた
「夜の冒険者」を聴いたら、ぶわっと涙があふれてきて。
歌を唄い始める前、なんだかいろいろとあった日々の中で
いつも寄り添ってくれた歌。
その頃一番聴いていたのが「夜の冒険者」という
アルバムだったから、その頃のことを久しぶりにちょっと
思い出してしまった。
最初にツアーを回ったときに、リクエストしていた曲でも
あったのだけれど、二人でのツアーでは一度も唄って
くれなかったから、あの時以来生で聴いたのだと思う。
わたしのリクエストを覚えててやってくれたわけではなかった
みたいだったけれど、聴けて嬉しかった。
そして後で、今でよかったのかもとも思ったりした。
会場の雰囲気と夜の冒険者と涙とマイク事件と。
なんだかいろいろがまじりあって、気持ちがゆらゆらと
さまよった時間。

DSCN3828.JPG
今日の古明地くんのライブはとても響いた。
ずーっと涙がのどのあたりに溜まっていた。


演奏した曲。
1.まっくら森の歌(谷山浩子カバー)
2.月の管理人
3.wonderland
4.純愛(浜田真理子カバー)
5.紫陽花
6.がらくた
7.candy
8.同じ話
9.虹
10.ここでさよなら

セッション
1.青空、赤い花(古明地洋哉)
2.wonderland(胡池マキコ)
3.Don't give up(ピーター・ガブリエル&ケイト・ブッシュ)
en.青空(ザ・ブルーハーツ)



3日間お世話になった各会場のスタッフのみなさま、
各会場に足を運んで下さったみなさま、ありがとうございました!!
CD『ふたつの月ひとつの夜』もたくさんの方に手に取って
いただけて、とても嬉しかったです。
CD作ってよかったなぁと心から思いました。
去年ガリバーさんの楽屋をお借りして録音したCDだったので、
そのCDを携えてやっと地元の四日市でレコ発のライブが
できたこともとても嬉しいことでした。

これにて、
『ふたつの月ひとつの夜』ツアーは、ぐるっと一巡。
またいつかの会場へ戻って行ける日も、まだ出会えていない
会場へCDを持ってツアーに行ける日も楽しみにしつつ、一旦
ここで一区切りです。
各地のツアーで出会えた全てのみなさんに感謝を込めて。

『ふたつの月ひとつの夜』を見届けていただけたこと、
本当に本当にありがとうございました☆

DSCN3788.JPG


posted by 胡池マキコ at 23:42| past live | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする