2015年05月11日

奈良へ

天河神社で奉納演奏をさせていただきました。
快晴のすばらしい一日となりました。

DSCN3706.JPG

天河神社を訪れるのは、今回が3度目。
1度目は、もう10年ほど前に。
そして2度目は、5年前にタテタカコさんとソラネコさんの
奉納演奏に同行させていただいたのでした。
いつかわたしもという思いもあり、晴れて5年越しに
そのタイミングが整いました。

神聖な空気の中、能の舞台の上に立ち、
神様と向き合ったときには、身が引き締まる思いでした。
とても緊張しましたが、終わった後には、何か心地よい風の
ようなものがすーっと身体を通り抜けていくようでした。
とても貴重な体験をさせていただきました。
また気持ち新たに、自分の歌の道を歩いていこうと思います。

DSCN3702.JPG  DSCN3703.JPG
5年ぶりに巨大なイチョウの木にも会いに行って、

10年ぶりに洞川温泉まで足をのばしました

DSCN3719.JPG
めんめらの森からの眺め。

DSCN3709.JPG
行者の宿が立ち並ぶ独特の雰囲気を漂わせた
洞川温泉。

今でも女人禁制の山・大峰山があることでも有名で、
わたしも10年前にはその結界まで行きました。
結界付近には、とぐろを巻いた蛇が何匹もいて、
なんともおどろおどろしい雰囲気だったのを覚えて
います。
法螺貝が売ってて思わず釘づけになりましたが、
わたしには五十鈴がありました。

DSCN3746.JPG

五十鈴は、魂の進化にとって重要な三つの魂の状態
(みむすびの精神)をあらわしています。
この五十鈴の清流のような妙なる音の響きによって、
身心は深く清められ、魂が調和し本来あるべき状態に戻り、
新たな活力が湧いてきます。(天河神社のホームページより)

とあります。

「メリーゴーランド」音源の中で、
最初にシャンシャン鳴っているのは、この五十鈴です。

posted by 胡池マキコ at 22:22| 独りごと。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする