2018年03月31日

『真理子の部屋〜season2入門編〜』@うどん屋の2階

毎年恒例の兵庫県川西市「うどん屋の2階」での
浜田真理子さんの「真理子の部屋」に、今年も
おじゃましました♪
桜が満開!の今日🌸夜にはブルームーン満月も🌕✨

29573171_547558792295547_3601606293404644185_n.jpg見事な🌸
29595501_547552518962841_986812560639314728_n.jpg見事な🌕

29683261_547552548962838_4222840894764001445_n.jpg 29595300_547552632296163_4019414425504828681_n.jpg
今年も戻ってこれました!   素敵な空間✨

29573343_547499445634815_8543537731129170482_n.jpg
オープニング最後の曲は、月のしずくリング
とともに、ブルームーンを思って「月とワルツ」を。
シャンシャン鈴を鳴らしてくださった方がいて、
嬉しかったー♪

そして、真理子さん登場!
29594682_1631797616875262_4054331350539113556_n.jpg
だんだん夜が更けて移り行く風景をバックに、
6月に発売予定のアルバムに収録される新曲やカバー曲、
などもふまえた聴きごたえたっぷりのライブ♪

つい3日前に、大阪ビルボードで小泉今日子さんと共演
された「マイ・ラスト・ソング」を観に行きました。
その時に唄われていた昭和の名曲のカバーも、何曲か。
またビルボードとは全然違った雰囲気の中で、同じ歌を
3日後に聴くという贅沢な時間✨

アンコールのセッション。
29683462_547499202301506_3055902237906767733_n.jpg
「月の記憶」と、

29597285_547499335634826_6618050907843215335_n.jpg
そして「みずうみ」、「流転」を唄いました♪

29598312_547552622296164_1484106534116282737_n.jpg
ちょうどライブが終わるころにステージ頭上には
まんまるの満月が見えました。

29594422_547552565629503_8077933239448431216_n.jpg
終演後は、サイン会、
そして、お待ちかねのうどんタイム。

うどんの食べ方を所長さんから説明。
29594527_547558802295546_7711358224953183901_n.jpg 29695235_547552598962833_4684366275341710346_n.jpg


29598305_547552582296168_905758565812330850_n.jpg
ご来場いただいたみなさま、
浜田真理子さん、所長さん、スタッフのみなさん、
どうもありがとうございました!

posted by 胡池マキコ at 23:00| past live | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月27日

真理子の部屋へおじゃまします♪

今週末は、兵庫県川西市へ。
毎年恒例の「うどん屋の2階」という名のステキな
ライブハウスでの浜田真理子さんの”真理子の部屋”に
今年も参加させていただきます。
チケットは完売とのことで、お会いできるみなさま
どうぞよろしくお願いいたします♪

★3月31日(土)
『浜田真理子入門5「真理子の部屋season2~入門編」』
会場:カフェ・ライブハウス「うどん屋の2階」
(兵庫県川西市小戸3-23-6絹延橋うどん研究所2階)
時間:受付開始16時/会場16時半/開演17時
※終演後、みんなで桶うどんを囲みます。

料金:できるだけ予約を・・・定員に達し次第終了
大人3500円/当日4000円(+648円のワンうどん)
中高生2000円/2500円(+648円のワンうどん)
小学生1500円/当日2000円(+648円のワンうどん)

【出演】
浜田真理子
OA胡池マキコ

【お問い合わせ】
カフェ・ライブハウス「うどん屋の2階」
電話 絹う研 072-767-7639

20180331うどん屋の2階.jpg

そんな浜田真理子さんですが、明日28日の夜NHK総合
の番組に出演されます。
2018年3月28日(水)22:00〜22:49
こちらです!
safe_image.jpg
共演は、小泉今日子さん、樹木希林さん、満島ひかりさん、
又吉直樹さん、奇妙礼太郎さんという豪華な顔ぶれ。
これは本当に観たいーーー!
ぜひテレビがある方は、チェックしてくださいね。

浜田真理子さんは、今年活動20周年を迎えられます。
そんな大切な年にまた四日市へ来ていただけることになりました!
はじめての会場となります、四日市のサラームで開催します。
salaam_n.jpg
わたしもオープニングで唄います。
早くもご予約いただいているようです!
こちらもぜひチェックしてくださいね♪

★6月9日(土)
『浜田真理子LIVE』
会場:Salaam (四日市市智積町3191-3)
時間:open 18:00 start 19:30
料金:予約3500円 当日4000円(共に+1オーダー)

【出演】
浜田真理子(vo,p)
OA胡池マキコ(vo,g)

【ご予約&お問い合わせ】
059-326-7568(サラーム)
http://www.salaam.jp/
info@koikemakiko.com(胡池マキコ)

salaam0609_n.jpg


posted by 胡池マキコ at 22:22| 独りごと。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月24日

『まからの森楽団が四日市へやってくる』@四日市66

まからの森楽団!本日始動しました!
記念すべき初公演、たくさんの方に見届けていただき
とてもうれしかったです。
ご来場いただいたみなさまありがとうございました。
29511313_543355162715910_5302337720624468152_n.jpg
ベースのマンボさん、ピアノのマヤちゃん♪

29541813_543355176049242_426677744212728591_n.jpg
まからの森を四日市66に!
ステキな舞台美術を担当してくださったのは、
造形作家のフタムラユウコさん。
29511969_543355212715905_9067448509965315697_n.jpg

みなさんに受付でお配りした
きつねのパン屋さんの3つのパン。
29497770_543355232715903_6650191462056286069_n.jpg
ボリュームたっぷり!

こちらは”きつねとパンの木”のパンの木。
29511808_543355179382575_1169449778133201052_n.jpg
おいしそうなパンがなっています!

そして、最後のアンコールで会場のみなさんと
一本の糸でつながった、みんなをつなげた糸。
29511260_543355182715908_2004870222654985128_n.jpg

本日スタートを切ったまからの森楽団。
次回公演が決まりました。
次回は、6月3日(日)にいなべの「哲学舎という名の美術館」
にて開催します。
昼間の公演となります。
多肉植物のまからちゃん作りのワークショップ付です。
講師は、フタムラユウコさん。
次回は、まからの森にてお待ちしています♪

★6月3日(日)
会場:哲学舎という名の美術館(まからの森)
   (いなべ市北勢町田辺305−2)
時間:13:00~16:00
参加費:4000円/3歳〜中学生2000円
   (スイーツ+フリードリンク+ワークショップ付(まからちゃんの多肉植物作り持ち帰り)
出演:まからの森楽団
   MAKIKO(vocal), MAYA(piano), MANBO(bass)

29432542_540617446323015_9077558408256684032_n.jpg



posted by 胡池マキコ at 23:00| past live | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月18日

まからの森から

いよいよ今週土曜日と迫ってきました!
まからの森の初公演に向けて、
今日は一日ずっと森で練習でした。
mafi11_n.jpg
とても気持ちよい春の森。
ダヴィンチ(猫)がお出迎え。
ダヴィンチも朝から気持ち良さそう〜♪
29425302_540601319657961_6710215015007256576_n.jpg

クリスマスローズが満開です。
うつむいてけなげに咲く花。
29365353_540601472991279_3492895523705192448_n.jpg 29386589_540601459657947_3494211810922332160_n.jpg

梅も満開です。
29342725_540617406323019_6097918863767240704_n.jpg

ハナミズキの小さなつぼみもかわいい。
29343130_540617469656346_8971025687259381760_n.jpg

季節ごとに違う顔を見せてくれる森。
まからの森楽団も季節ごとに年5回ほどの公演を
予定しています。
24日(土)春からスタートとなります。
森に流れる時間を四日市へお届けします。

舞台美術担当の造形作家のユウコさんが、
素敵な花冠を作ってくれました。
双子の木の妖精のようなイメージのわたしとマヤちゃん。
29342755_540601229657970_6525655343970648064_n.jpg
そして、木こりのようなマンボさん。
わたしたち
まからの森楽団にぜひ会いに来てください♪
29314438_540601076324652_662151027805388800_n.jpg

★3月24日(土)
『まからの森楽団が四日市にやって来る』
会場:LIVEHOUSE66(四日市市諏訪町13−3)
時間:open18:30 start 19:30
料金:3000円(きつねのパン屋のパンと1ドリンク付)
   18歳以下半額・3歳以下無料
出演】
■まからの森楽団
MAKIKO(vocal)/MAYA(piano)/MANBO(bass)
※胡池マキコとしての出演ではありません。

【ご予約&公演へのお問い合わせ】
090-4185-4188(まからの森楽団)
【会場へのお問い合わせ】
059-352-4977(シックスティシックス)

makaranomori2.jpg
posted by 胡池マキコ at 22:19| 独りごと。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月09日

まからの森楽団始動!

今月24日(土)
いよいよ”まからの森楽団”の初公演!です。
ヴォーカルとして参加することになりました。
ベースのマンボさんに誘っていただきました。

今までずっと一人でギターで弾き語りをしてきたので、
あまり協調性もなくマイペースに独自の感覚でやって
いきたいわたしには、バンドは無理だと思っていたし、
憧れながらも人間関係のあれやこれやを考えただけで
ちょっと気が遠くなり、本当にはやりたいと思って
いなかったと思います。

そんなわたしでしたが、今回やってみようという気持ちに
なったのは、マンボさんと出会えた今のタイミングと、
館長でもあるマンボさんがおひとりでやってこられたという
私設美術館『哲学舎という名の美術館』に恋してしまったこと。
夜にはじめて一人でおじゃましたときには、まっくらな中に
ポツンとある美術館に本当にこれは夢の世界?
大好きなあのジブリの世界に迷いこんだ?
というような不思議な感覚になりました。
(ちなみにマンボさんはジブリは観たことがないそう)
同じ三重県なのに今まで全然知らなくて、こんな素敵な
ところがあったんだ!とわくわくしました。

ジブリの映画から抜け出てきたような美術館と館長さん。
館長さんが淹れてくれた美味しいコーヒーをいただきながら
二人でいろいろな話をしました。
館長さんがなぜこの楽団をやりたいのか、その目的や展望は
とても共感できることでした。

わたしも小さい頃からずっと歌に助けられて生きて
きました。
映画『ゲド戦記』のテルーのように、誰に聴かせるでもなく、
つらいときにはいつもひとりで歌を唄っていました。
自分が元気になるために、自分が笑顔になるために、
誰かの歌を口ずさんでいました。
歌を唄い始めたときも、今唄わなかったらこの先生きて
いけないというほどの切実さでギターを手にして、
きっとずっと自分のために歌を唄ってきました。
その歌を好きだと言ってくれる人がいて、信じられないような
嬉しい気持ちで、そんな人たちの気持ちに支えられて
何とかここまでやってこれました。
けれど、何かもっと歌で自分にできることがあるんじゃないか
という思いも最近は感じていました。

思えば、もともとの最初の初期衝動は、”うたいたい”
ということだけでした。
相棒のギターは今やなくてはならない大切なものですが、
自分の”声”を誰かに強く必要とされたことはとてもうれしい
ことでもありました。
それでも感覚的な違和感が大きなことはできないと思って
不安もありましたが、すでにやる曲のリストがあり、
そのリストを見たら好きな曲ばかり。
大好きな浜田真理子さんの「月の記憶」がその中にリストアップ
されていたことにも驚きました。
ずっと唄ってみたいと思っていたけれどギターでは無理だと
思っていた曲だったので。
ピアノの人と一緒にやりたい!と思いました。
そうして新たなメンバーに加わったのが、ピアノのマヤちゃんです。
マヤちゃんはちょっと(いやかなり)天然な人で、会ってすぐに
きっと合うし大丈夫だと思いました。
今までたくさん助けられてきた歌に、これからは少しでも何か
返していけたら、という思いです。

そんな3人での小さな楽団。
まからの森という森からやってきた3人が織りなす世界は、
まだ誰も見たことのない世界。
わたし自身もわくわくどきどき楽しみなのです。
詩や絵本の朗読も交えながらの、ライブというよりは音楽劇の
ような雰囲気になると思います。
一年限定での活動予定ですが、ライブハウスでの公演は
もしかしたら初回の一回のみとなるやもしれません!
ので、ぜひこの機会によい音響のライブハウスでの
まからの森楽団を体感しに来てください♪

舞台美術と小道具などを担当してくださるユウコさんが
なんと!削り絵で描いてくれました。
削り絵といえば、一枚目のアルバム『ワンダーランド』の
ジャケットの絵を削り絵でわたしも何度も何度も描き直し
仕上げた思い出のあるものです。
偶然にも同じ削り絵にうれしくなりました。
わたしは太陽のブランコに乗って唄っています♪
28378688_531392163912210_2290420817112197241_n.jpg
本番に向けて3人で練習を重ねています。
まからの森楽団に会いに来てくださいね。
ご予約お待ちしていますー!


★3月24日(土)
『まからの森楽団が四日市にやって来る』
会場:LIVEHOUSE66(四日市市諏訪町13−3)
時間:open18:30 start 19:30
料金:3000円(きつねのパン屋のパンと1ドリンク付)
   18歳以下半額・3歳以下無料

出演】
■まからの森楽団
MAKIKO(vocal)/MAYA(piano)/MANBO(bass)
※胡池マキコとしての出演ではありません。

【ご予約&公演へのお問い合わせ】
090-4185-4188(まからの森楽団)
【会場へのお問い合わせ】
059-352-4977(シックスティシックス)

makaranomori2.jpg

posted by 胡池マキコ at 22:14| 独りごと。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月08日

鑪ら場の夜

またもどしゃぶりの雨。
雨女払拭したはずが(笑)。
雨の中ご来場いただいたみなさまありがとうございました。

自分のマイクを使うのにちょっと違和感があり、
初めてお店のマイクでやったらとてもやりやすかった。
場所によって、音の鳴り方が本当に全然違うので、
わたしは音響のことはよくわからないのだけれど、
感覚的に感じるものはある。
何がどうなのか、というのが明確にわからないから
どうすればいいのかはすぐにはわからないのだけれど、
思いついてやってみてよかった。
これも何度か出演しているからこそ。

何度目かの共演の久田いずみちゃんといろいろ話せて
嬉しかったなぁ。
共演者の人となかなか友達みたいには仲良くなれないん
だけれど、いずみちゃんとは職場の同僚や友達みたいな
感覚で話せて、いずみちゃんの人柄ゆえだなと思う。
一見全然違うタイプなのに話せば話すほど共通点があり、
なんだか二人で笑ってしまった。
ほろ酔いの帰り道でした。

28951640_535714850146608_4721276508337399162_n.jpg
共演のチクシヒロキさん、Tさん、久田いずみちゃんと♪

posted by 胡池マキコ at 23:00| past live | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月05日

『夜が明ける前に』@梅田HARDRAIN

朝から三重はどしゃぶりの雨。
大阪でも春の嵐のような雨でしたが、
なんとも夜には雨が上がりました。
今年は、もしや本当に脱雨女じゃないか?
と前向きに思ったりしています。

今回は、二度目ましての共演者の方が多く、
ライブ前の打ち上げに初めて参加しました。
大阪の立ち飲み屋さん初体験。
安くて美味しくてびっくり。
わたしはライブ前にはお酒は飲まないのですが、
みなさんすごい飲みっぷり!

3日くらい前にできて、昨日まで歌詞を書き直し
直しの出来立てほやほやの新曲をやりました。
タイトルもまだ未定。
ずっと自分のことしか歌えなかったけれど、
ずっと誰かのために歌いたかった。
もしかしたらはじめてかもしれません。
誰かのことを想像しながら作った歌は。
小さく小さくささやかでも、
そっと誰かに寄り添えるような歌を唄いたい。

ご来場ありがとうございました!
28576405_534544673596959_2960351725688601563_n.jpg
悲しみかもめくんは不在なのですが、
(ごめん〜)
帰り間際に出演者のみなさんと♪

次回ハードレインは、4月12日(木)に出演します。
どうぞよろしくお願いいたします♪

posted by 胡池マキコ at 23:47| past live | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする