2018年02月25日

『クロスポイント』@岐阜music room6−21

岐阜県は鵜沼の素敵な空間6−21でスタートした
イベント『クロスポイント』の第一回目に出演しました。
28278970_530743463977080_3192781820908575509_n.jpg
ギターがたくさん展示されている✨

28383724_1979640745697336_847899567_n.jpg
相棒のギターは木で、大好きな山や森の木と
一緒に唄っている気持ちでいます♪

28383083_1979640465697364_1743774656_n.jpg
たくさんのご来場ありがとうございました。

ご一緒した流(ながれ)さんは、北海道出身で、
18歳で上京、その後三角堂のヴォーカルとしてデビュー。
2006年からソロになって活動を開始。
2012年から現在まで、ギター1本を持ち全国を回り
歌の旅をずっと続けているという正真正銘の本物の旅人。
かっこいい女性でした。
ずっと音楽ひとすじで生きてきた道のり、旅の中で
たくさん生まれたであろう流さんが紡ぐ風景の歌。
そして、何も飾らないそのまんまの等身大の姿。
流さんの歌も人柄も大好きになり、本番前に早くも
意気投合して、三重県にも来ていただくことに
なりました!
流さんのアルバムに、前回の自主企画のイベントで
お呼びした北海道の馬頭琴奏者の嵯峨治彦さんが
参加されているということもあり、出会う前から
なんだか勝手にご縁も感じていました。
馬頭琴の音色を聴くと涙が出てくると流さん。
わたしも嵯峨治彦さんの馬頭琴に同じことを
感じていて、いつかアルバムにも参加していただけたら
と夢見ていたところでした。
正反対の二人、と称されたわたしと流さんの
ライブでしたが、それぞれの場所から見ている
景色の中に、クロスポイントがありました。

企画の高田さん、VINCENTの小川さん、クロスポイント
スタートおめでとうございます。
記念すべき第一回目に出演できて光栄でした。
お店の佐伯さん、スタッフのみなさん、
出会えたみなさまありがとうございました。

28279897_530767370641356_1250903943207144447_n.jpg
高田さん、流さん、小川さん、佐伯さんと♪


posted by 胡池マキコ at 23:00| past live | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする