2017年10月10日

ついに日曜日!!!

次の日曜日です!!
2年ぶりにやります!『胡池と。第四篇』
北海道からフィンランドの伝統楽器カンテレ奏者の
あらひろこさんと、モンゴルの伝統楽器馬頭琴奏者の
嵯峨治彦さんのデュオ・ラウマをお迎えしての今回。
最後には、一夜限りのセッションも予定しています。
ドリンク出店は、津からカラフルコーヒーのマイケルが
美味しいコーヒーを持って来てくれます。
colorful_n.jpg
そして、かわいいフライヤーを描いてくれたappanちゃんが
ライブペイントで参加してくれます。
アロマキャンドルを灯しての夜。
美味しいコーヒーを飲みながら秋の夜長をぜひご一緒に♪
まだお席ありますので、ご予約お待ちしています!!

★10月15日(日)

『胡池と。第四篇』                 

会場:notable(四日市市諏訪栄町10-2ミハルビル2F)

※商店街入ってすぐ左手の餃子の新味覚の2階です↑
時間open19:00 start19:30
チャージ:2000円(+1ドリンク別)

ドリンク出店:カラフルコーヒー(津)

(コーヒーが苦手な方は予約時にお知らせください)                
【出演】
■RAUMA(カンテレのあらひろこ&馬頭琴の嵯峨治彦のアコースティックデュオ)
■胡池マキコ
■appan(ライブペイント)

【ご予約&お問い合わせ】
info@koikemakiko.com(胡池マキコ)


koiketo4_n.jpg


rauma1_n.jpg rauma2_n.jpg

RAUMA(ラウマ)は、"森と草原が響き合う" アコースティック・デュオ。あらひろこが奏でる北欧 フィンランドの伝統楽器=カンテレの澄みきった響き、嵯峨治彦によるモンゴルの馬頭琴の哀切 な調べ、そして一人二重唱ホーミー(喉歌)の神秘的な音色がひとつに溶け合 い、これまでにないサウンドで幽玄な心象風景を描く。ユニット名は、歴史的木造建築がたち並ぶフィンランドの世界遺産都市 Rauma に因む。 2013年 フィンランドの国際カンテレコンペティションで、プロフェッショナル部門第2位とマルティポケラ賞をW受賞。






posted by 胡池マキコ at 19:55| past live | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする