2016年03月13日

『春のはじまり〜イマイキテル〜』

北勢線阿下喜駅から続く古い町並みの中に
暮らしのシューレがあります。

DSCN4678.JPG
3・11の震災の後、店主みどりちゃんはその頃住んでいた
那須を離れ、子どもたちと一緒に三重に戻ってきました。
三重で新しい生活をスタートしたばかりの頃、
わたしはみどりちゃんと再会しました。
わたしが歌を唄っていることを知って、とても応援して
くれていた同級生でもあるみどりちゃん。
お互いにやっていることは違うけれど、不安や迷いや喜び
は、何かを一人でやっている人はきっとみんな同じ。
みどりちゃんを見ていると自分を見ているようでもあり、
励まされることもたくさんで、とても心強い存在でした。


あれから5年。また那須での生活を再開することになり、
みどりちゃんはこの春、那須へと旅立ってしまいます。
暮らしのシューレは、手伝ってもらいながら、那須と三重を
往復して続けていきたいとのこと。
また、新しいシューレも楽しみだし、今のシューレで
歌を唄えたこととてもうれしかった。

DSCN4689.JPG

共演のRAMOさん、歌を聴きに来てくださったみなさん、
どうもありがとうございました。



演奏した曲。

1.月の管理人

2.虹

3.ひつじのうた

4.青空、赤い花(古明地洋哉)

5.月とワルツ

6.千の道(新曲)

7.RIVER


RAMOさんと一緒に。

1.イマイキテル(RAMO)


posted by 胡池マキコ at 23:00| past live | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする